読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考自演

くだらない辞書の1ページ

引き出しの重要性

最近どうにも真新しい物を開拓しようとか、自分自身のオリジナル的な何かに固執している気がするので反省的な意味で書いてみようと思った。

具体的にどのような事かと言うと、

・レートの結果記事を見て上位の構築には何かしらのオリジナリティが加わっている為、自身も何らかのオリジナルを入れれば勝てるのではないか?

・自慢の〇〇入れれば強いしびっくりドッキリできるし、アド!

とかである。

しかし、常に新しい物やオリジナリティ溢れる一品を作成したところで、最大限に使えなきゃ意味が無い。簡単に言うとフライゴンガブリアスナイトを持っているようなものである。

そこで、過去の記録を見返すことで現在の自分に役立つことはないか調べることの重要性を考えた。未来に結果を残す「可能性」よりも、過去に結果を残した「事実」の方が信用性があるからである。

僕は最近オフで使用した構築はORASのレートで結果を残したある構築の一部分を組み込んでいる。先人の知恵のお陰でそこそこまともな成績になっているので、過去の遺産は偉大だと思う。

何が言いたいかと言うと、

「新しい物を作るのはレート上位の方々に任せて、発想が貧相な俺らは過去に振り返り、ヒントを見つけよう」

ってことである。