読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考自演

くだらない辞書の1ページ

関東シングルFESTA ベスト16 使用構築【942.9kgスタン】

関東シングルFESTAのキャンセル待ちを乗り越え参加可能になったので、参加して来ました。結果としては、予選(ハウブロック):6-3で2位通過し、決勝トーナメント2回戦で負けてベスト16でした。僕としては久し振りにオフで予選抜けれたし構築にそこそこ満足しているので、記事にすることにしました。

 

使用構築は以下の通り、

f:id:weblio_dictionary:20170312072016p:plain

cluclupoke-perorimu.hatenablog.com

以前から使いたかったカバゲッコの並びを使おうと思った事が発端。こちらのブログの並びや調整の一部を用いて、残りは自分が刺さってると思ったポケモンを補完として入れていった。(無断リンクなので消去依頼があれば消します。)

構築名はメガメタグロスの体重の942.9kgとカバルドンのkとゲッコウガのgを語呂合わせしました。

 

メタグロス@メタグロスナイト

f:id:weblio_dictionary:20170312074441g:plain

クリアボディ → 硬い爪

メガ前:167 (92) - 177 (172) - 153 (20) - x - 111 (4) - 129 (220)

メガ後:167 (92) - 187 (172) - 173 (20) - x - 131 (4) - 173 (220)

思念の頭突き アイアンヘッド 冷凍パンチ 地震

(解説)
構築で唯一のメガ枠。流行りのカプ系に強く、後述のカバルドンと組み合わせて安定したサイクルを実現出来ると思い採用。カプ系に対する打点としてアイアンヘッド、主にガブリアスに通す冷凍パンチ、構築全体でヒードランが重いので地震として、最後にもう一個一致技入れる感覚で思念の頭突きを採用。実際は思念の頭突きの使用回数はそこまで高くなく、他の技で事足りる事が多かったので、縛り範囲が増えるバレットパンチカバルドンを崩せる草結びでも良かったかも知れない。

 

カバルドン@ゴツゴツメット

f:id:weblio_dictionary:20170312074710g:plain

砂起こし
215 (252) - 133 (4) - 187 (252) - x - 92 - 67
地震 怠ける 欠伸 ステルスロック
(解説)
クッション。ステロ欠伸でループしたり、怠けるを用いて物理受けしたりと過労死枠。欲張りカバルドン。吹き飛ばしが欲しい場面も多々あったので、技構成については煮詰める必要がある。

 

ゲッコウガ@拘りスカーフ

f:id:weblio_dictionary:20170312074728g:plain


変幻自在

149 (12) - 120 (36) - 78 - 148 (196) - 93 (12) - 191 (252)
悪の波動 冷凍ビーム 岩石封じ 蜻蛉返り
(解説)
先発起用からフィニッシャーまで務める仕事人。調整は丸パクリしました。基本的に(メタグロス/ゲッコウガ)+カバルドンの2体でサイクルを回し、(メタグロス/ゲッコウガ)の圏内に入れる事が目標。技構成は上記2体で重いリザードンに刺す岩石封じ、スカーフガブリアスを掃討する冷凍ビーム、ワンチャン狙える悪の波動、ミミッキュの皮を剥がしながら交代出来る蜻蛉返りを記事通り採用。因みにボックスにいたプレシャスボール入りの個体(ハッピータイム)を使ったのでカバルドンの欠伸ループから繰り出すと本物っぽく見える!すごーい!

 

ミミッキュ@フェアリーZ

f:id:weblio_dictionary:20170312075152g:plain

化けの皮
145 (116) - 127 (132) - 101 (4) - x - 126 (4) - 162 (252)
戯れ付く 影打ち 呪い 挑発
(解説)
汎用ミミッキュ(らしい)。使用感は良く様々な場面で活躍してくれた。こいつも調整は丸パクリしました。このポケモンに関しては参考元のブログの方を読んだ方が良いと思うので、詳しい説明は割愛。

 

ウルガモス@ノーマルZ

f:id:weblio_dictionary:20170312075310g:plain

炎の体

175 (116) - x - 92 (52) - 198 (200) - 125 - 138 (140)

炎の舞 破壊光線 めざ地 蝶の舞
(解説)
みんな大好き走るウルガモス。僕は「メロス」と呼んでいる。育成時間が足りなくORASの個体の流用に成ってしまっている。本来ならばS+1で最速フェローチェ抜きまで降るべきだった。炎枠としての採用かつ、攻撃しながら積む事が出来る一致技の炎の舞は確定。次にPT単位で重めなヒードランへの有効打にめざ地、最後に範囲を取れる破壊光線とした。破壊光線Zの火力は素晴らしく期待通りの活躍をしてくれたが、PT全体的にレヒレが怪しいのでギガドレインに草Zを重ねても良かったと思う。

 

キノガッサ@オボンの実

f:id:weblio_dictionary:20170312075824g:plain


テクニシャン

160 (196) - 160 (76) - 143 (236) - x - 80 - 90
タネマシンガン マッハパンチ キノコの胞子 剣の舞
(解説)
MVPのテンガッサ。ガルーラの火力低下により、Bを少し下げて、Aに回す事でASメガガルーラを+2マッハパンチで確定で倒せる様になったことが追い風。

耐久についての簡単な説明:

H…4n

B…陽気メガガルーラの冷凍パンチをオボンの実込みで2発耐え = 意地メガガルーラの猫捨て身耐え

採用理由は、クチートナイト及びスピアーナイトの解禁された環境でクチートは一定数居ると思い、レート上位陣御用達のガルーラ共々纏めて◯せるポケモンを探していたらこのポケモンに辿り着いた。当日は予想通り、刺さりまくって居たので、先発から詰めまで様々な場面で活躍してくれた。

 

QRレンタルチームはこちら:

3ds.pokemon-gl.com

 

基本選出:

ゲッコウガ + カバルドン + @

メタグロス … サイクル寄り

ウルガモス … 全抜きコース

 

他の選出:

キノガッサ + メタグロス + @

ガルーラやクチートスタン系統に対する選出。

ミミッキュ + メタグロス + @

カバルドン展開等に対する選出。

 

参加された方々、お疲れ様でした。対戦して下さった方々、改めて対戦ありがとうございました。