読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考自演

くだらない辞書の1ページ

PCL(トリプル)使用構築 アンチメタエルテラ

UECポケモンだいすきクラブに所属している僕であるが、ある日、シングルしか出来ない僕にPCLでトリプルをやれと言われたのが、構築の始まりであった。ダブルでちょっと触れていたエルテラをベースに多くのトリプルの構築記事を読み込み、エルテラに対するメタの張られ方を学ぶところから入って見た。そこにはトリックルームや雨を始めとした場にかけるS操作だと言うことを知った。そこで、それらのメタに対するメタを張ることで逆に相手の思い込みとメタを有効活用出来るように構築を組み上げた。

 

想像図:

f:id:weblio_dictionary:20160924043944p:plain

↑がカモになるように組み上げた感じ。

 

並びは以下の通り、

f:id:weblio_dictionary:20160924025811p:plain

この並びを見て思うのは、

エルフーン(臆病CSかHS)@襷 テラキオン(陽気AS)@ヨプか広角レンズ

ドーブル(陽気BS)@拘りスカーフ リザードンY(臆病か控えめHbcs)

霊獣ランドロス(意地っ張りAS)@チョッキ ギルガルド(控えめCS)@珠

くらいであろうか?

 

しかし、実際は…

f:id:weblio_dictionary:20160924035355g:plain

持ち物:バコウの実(食べたこと無い)

性格:図太い(バコウの実を食い意地張って食べる為)

特性:悪戯心(残り二つはちょっと使いづらい><)

実数値:167(252)-✕-150(252)-97-96(4)-129

備考:S個体値→16

 

袋叩き…コンセプト。尻を叩かれると感じる。

挑発…アンコールはどうせ読まれるので汎用性を考えて挑発を採用。

追い風…中速気味のPTの為、天候PTに対するS操作技として採用。

トリックルーム…主にトリル軸に対する回答。たまに自分から起動する。

 

トリプル初心者の僕にはS関係の把握が難しいので、後述のテラキオンより1だけ速くなるようにS個体値を落とした個体で採用した。Sを落としたことにより耐久に努力値を多く割くことが出来たので事故死が少なくなり、本来のCSやHSベースよりも安定感が増した。

 

 

f:id:weblio_dictionary:20160924043630g:plain

持ち物:ヨプの実(雨PTに初手ヤンキー出来るイトケの実もアリだと思った)

性格:意地っ張り(意地が無いと勝てない)

特性:正義の心(これしかない)

実数値:191(196)-198(244)-119(68)-✕-110-128

備考:霊獣ランドロス(A:216) 馬鹿力 → 164~194(乱数1発:12.5%)*ヨプの実無し

 

岩雪崩…メインウェポン。2体外しは運負け。

インファイトメガガルーラに対する殺意。

ファストガード…知らない技。PPが減った所を見たことが無い。

守る…強い。よくフェイント打たれる。

 

どうせS振っても様々な手段でS操作されるので、どうせなら耐久有った方が強いでしょって感じでこうなった。Hを16n-1、Aを11n、余りをBに回しているが、これが意外と役に立つときが多く、インファイト打った後にドヤ顔で出て来るファイアローブレイブバードを耐えたりして相手の計算を狂わせることが出来る。また、大体のガルーラスタンのトリルを悪用出来るのでS振りは有り得ませんなwww

 

 

f:id:weblio_dictionary:20160924045934p:plain

持ち物:ラムの実 → 気合の襷

性格:腕白(個体がコイツしかいなかった)

特性:テクニシャン(猫騙しの威力が上がるぞ!やったね!!)→ マイペース

実数値:162(252)-40-95(252)-36-66(4)-95

備考:何故か6V

 

ダークホール…トリプル共通言語。このポケモンの採用理由。

この指止まれ…無償降臨をサポートしたり、縛りの解除にも使用する便利技。

横取り…ワイドガードをパクる為の技。たまに神秘の守りや壁を貰ってくる。

猫騙し…強い。たまにテクニシャンのおかげで確定数がズレたりしたかも?知れない。

 

トリプルはドーブルが強いらしいので、取り敢えず個体を探したところテクニシャン腕白6V個体が余っていたのが始まり。性格の関係上、HBに振り切りテラキオンを通すのに必要な技を出来る限り揃えた。対ガルーラスタンで相手のドーブルよりトリル下で速く動いた時は腕白で良かったと思っている。最初の方はマジでテクニシャン猫騙しで確定数がズレていた試合も有ったので、そのままにしていたが流石にヤクザなのでマイペースにした。強いて欲を言うと、5つ目の技スペースに変身が欲しい。

 

f:id:weblio_dictionary:20160924051053g:plain

持ち物:リザードナイトY(これが無いとメガシンカ出来なくて困る)

性格:控えめ(火力重視)

特性:日照り(これ以外存在しない)

実数値:185(252)-✕-120(172)-209(84)-135-120

 

火炎放射…生意気なギルガルドを殺す命中安定技。

熱風…全体効果力技。あまり打つ機会が無い。

ソーラービーム…強いけど弱い。

守る…強い。

 

特化霊獣ランドロスのダブルダメージ岩雪崩を確定で耐える耐久と、穏やかHDギルガルドでさえ確定で葬る火力を備えた神ポケモン。最初にコイツに出会ったときは、エルテラの為に生まれて来たメガポケモンだと思った。何故ならこいつは袋叩きを覚えるからである。実際、熱風を袋叩きにしてトリル下でも叩けるようにしていた方が動かしやすさは格段に上がるので、そちらの方が良いかも知れない。使い方は繊細に優しく、そして優雅に…(例:雨PTには初手からメガシンカせず、まず誰が雨乞いを持っているか見極めることも必要であるなど)

 

 

f:id:weblio_dictionary:20160924052044g:plain

持ち物:突撃チョッキ(強い)

性格:意地っ張り(大地の力を不採用な為)

特性:威嚇(これしかない)

実数値:165(4)-216(252)-110-✕-100-143(252)

備考:スカーフ個体の流用

 

地震…サブウェポン。よくワイドガードされる。大地の力の方が強い。

岩雪崩…メインウェポン1。不一致だろうが強い。

蜻蛉返り…メインウェポン2.威嚇の再利用は強い。

馬鹿力…弱い。偶然にもメガガルーラにヒットした際はアド。

 

シングルのスカーフ個体をそのままチョッキに着せ替えて使用した。オシャレしたことにより、耐久が上昇し使い易くなった。また、前述のエルフーンより速いことで袋叩きより早く蜻蛉返りが打て、尚且つ相手にスカーフのブラフをかけることが出来る可能性がある。Sをもう少し下げて調整など弄っても良いと思うので、こいつは改善点である。

 

 

f:id:weblio_dictionary:20160924052930g:plain

持ち物:矯正ギプス → パワーアンクル → 黒い鉄球

性格:生意気(ツンデレ

特性:バトルスイッチ(残念ながらこれ以外だと色々と問題になる)

実数値:167(252)-55-171(4)-70-222(252)-58

備考:カッコイイ

 

シャドーボール…一致技。ラスターカノンでも良かったかも知れない。

ワイドガードトリプルバトルの共通言語。通ると強い。

キングシールド…ギルガルドの共通言語。

おさきにどうぞ…トリックルームメタ。舐めた奴はお先に岩雪崩で死ぬ。

 

トリプルをする為に生まれて来たポケモンらしい。トリプルの記事を漁っていたら、おさきにどうぞ砂かきムーランドを見つけたので、面白そうだと思いおさきにどうぞを覚えるポケモンを見てみたら、こいつがいたので技スペースを1つ開けて厳選し直してまで採用。持ち物はトリル下でなるべく早く動けるように黒い鉄球系統のSが下がる奴を気分で持たせ変えていた。おさきにどうぞの使用率は高くは無かったものの、使った時はしっかり活躍してくれたので、覚えさせておいて良かったなと思えるものであった。しかし、ニンフィアに対する殺意が足りてないので、PT単位でニンフィアを上手くケアする必要があったのは秘密。

 

 

結果は

予選使用:2-1

ワイルドカード決定戦:5-1

決勝ブロック:1-3

 

予選では途中から出場して、なんとか勝ち越しすることが出来た。

ワイルドカード決定戦では予選の運負けを除けば全勝とPT本来の力を発揮してくれていた。

決勝ブロックでは実力不足で思ったようにPTを動かすことが出来なかったが、勝てるビジョンが有った上での敗北だったので、使用者の実力次第であると思った。残り2試合はミラーに強い雨PTを使用して2勝した。

 

恐らく僕の大学は決勝トーナメントには進めないので、公開することにした。

トリルエルテラは誰でも思い付くであろうギミックだが、1手が命取りになり兼ねない今のトリプルでは如何に相手の予想や計算を裏切らせることが重要である。そこで僕は今回この様な地雷構築を使用することにした。それがうまくハマり、結果が出たので素直に嬉しかった。7世代でもトリプルバトルが存在することを祈っている。