読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考自演

くだらない辞書の1ページ

没案

フワライドの小さくなった後のバトン先として考えていたが、どうしようもない欠陥が見つかったので公開することにした。そのポケモンはこちら、

f:id:weblio_dictionary:20160321232852g:plain

マルマインである。

 

~種族値~

HP:60

攻撃:50

防御:70

特攻:80

特防:80

素早さ:140

 

~特性~

通常:防音、静電気

隠れ:誘爆

 

小さくなった後の障害として状態異常技が挙がり、それへの回答として身代わりを採用するまでは一般的だが、それでも音技は天敵である。特に滅びの歌に至っては命中関係なく殺しに来るクソ技なのでどうしようもない。さらに最近は滅びの歌を持っているポケモンが多い

f:id:weblio_dictionary:20160109231244g:plain←コイツとか f:id:weblio_dictionary:20160321233446g:plain←コイツ

ので、それらにワンチャン持てる神ポケモンを探していたら、マルマインに辿り着いた。特性:防音により滅びの歌や他の音技を無効化、さらにメガゲンガーより速いS種族値ニョロトノボルトロスに強く出れる電気単タイプであることが評価のポイントを高くした。

個人的な意見になるが煽り性能が高い見た目なので、NNと合わせてオフでは相手に精神的アドバンテージを取ることが出来るのもポイントが高い理由である。

しかし、メジャーな地面タイプに地面技を当てられ続けては意味が無いと思うが、なんとマルマインは当然の如く電磁浮遊を習得するので、ガブリアスにはドヤ顔で威張っていける。

 

没案になった理由:

1.「技スペースが足りない」

確定技として、

10万ボルト、身代わり

準確定技として、

毒毒、威張る、電磁浮遊

とすでにこの時点で技スペースが足りない。

 

2.「ノーマル技耐性が無いので、ガルーラに弱い」

これが最も致命的な原因となった。

 

以上